Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
"2014年にビットコインを発売したのは、この独創的な決済コンセプトをサポートしたいと思ったからです。" - Today's Crypto News
Home » “2014年にビットコインを発売したのは、この独創的な決済コンセプトをサポートしたいと思ったからです。”

“2014年にビットコインを発売したのは、この独創的な決済コンセプトをサポートしたいと思ったからです。”

by Patricia

Uhrzeit.orgは、中断があったとはいえ、7年前からビットコインを受け付けています。ドイツのオンラインショップでビットコインを使って仕事をするときの様子をご紹介します。

多くの人にとって、ビットコインは主に投機の対象となっています。決済手段としての実際の応用は認められていますが、理論としての存在が大きいのです。実際には、PayPalやクレジットカード、ECカードでも十分に機能しますし、将来的にもっと価値が上がるかもしれないのに、ビットコインを使いたい人はいないでしょう。

そのため、オンライントレードでビットコインがどのように機能するかについては、経験が乏しいことが多いのです。そこで、2014年からビットコインで時計の支払いができるようになったUhrzeit.orgに、この分野の先駆者であるオンラインショップの特徴を聞いてみました。マネージング・ディレクターのヨーラン・ホルスト氏が質問に答えてくれました。

「2014年にビットコインを導入したのは、この独創的な決済コンセプトをサポートしたかったからです」とGöran氏は語ります。特に「データ最小化の原則に照らして」、「オンラインで購入する際に支払い関連の情報を提供しなくてもよいのであれば」意味があると考えた。この原則は、2018年以降のGDPRでも定められており、個人データは必要なものに限定されるべきです。ビットコインほど、この必須条件に近い電子決済手段はありません。


しかし、

Uhrzeit.orgが直接ビットコインを受け取ったわけではありません。その代わりに、当時流行していた決済サービスプロバイダー「Bitpay」に委託しました。これは、取り込んだビットコインを直接交換することを提案することで、2014年に数多くの新規店舗を納得させることができました。「購入代金は、ビットペイで直ちにユーロに変換され、ユーロで当社に入金されました。時計を出荷したのはそれからです。

しかし、Bitpayは2019年8月にドイツでの事業を停止した–この国でのビットコイン受け入れに大打撃を与えた出来事である。その理由は今でも少し謎に包まれていますが、おそらく規制のためだと思われます。

Göran氏は次のように報告しています。「正当な理由として、『BitPayはすべてのお客様に最高のサービスを提供することをお約束します』という文章が送られてきました。私たちは定期的に規制や法律を監視し、コンプライアンスを確保しています。ドイツは、2020年から暗号化企業がライセンスを申請することを公言しています。ドイツのライセンスの必要性を判断する間、ドイツでの事業を停止しました』。

/「Sinnブランドの時計もシーンに合わせて頑張っています」 src=”https://www.todayscrypto.news/wp-content/uploads/2021/10/sinn.jpg” /☻

明らかに、ビットペイはドイツの暗号通貨に関する法律の犠牲になりましたが、それ以外は国際的にも賞賛されていました。この法律によって規制が明確になり、銀行やその他の既存の金融機関が明確なガイドラインの下でビットコインを金融商品として利用することが比較的容易になりました。このことは、例えば、Bitbondが金融機関やフィンテック・スタートアップに暗号トークンを使わせることに成功したことや、Tanganyのような暗号カストディアンの台頭にも示されています。しかし、本当の意味でのビットコインを使ったビジネスは、途中で頓挫してしまいました。

Uhrzeit.orgにとって、これは最初はやる気をなくすものでした。ビットコインを使った販売は、必ずしもビジネスにつながるものではなかったため、同店は当初、この問題を放置していた。2021年1月になって、「お客様からの複数のご要望にお応えして」ビットコインを支払い方法として再導入しました。今回は、決済代行会社との連携ではなく、すべて自社で行いました。

“我々のソフトウェアは、お客様に支払いアドレスを割り当て、支払いと注文を一致させることができます。” Göran氏はコンセプトを説明します。 “我々のショップ全体が自分たちでプログラムされているので、統合は非常に簡単でした。”

ゴラン自身がビットコインとその背後にある考え方を支持しており、また、2014年以降に取ったコインを保管しておかなかったことを少し後悔しているにもかかわらず、同社は今すぐにでも再びコインを交換しています。”ビットコインを売却した会社に置いておくと、税務上の問題が発生する可能性があります。これらは最初から避けたかったのです。だからこそ、ビットコインをユーロに変えるのです。”


それでも努力した甲斐がありました。”全体的に見て、ビットコインはドイツでも普及しているので、2018年や2019年よりも2021年の方がずっと受け入れられるでしょう。売上高に占める割合は絶対的にはまだ低いですが、ビットコインでの2021年の売上高は、10月にはすでに2019年の3倍になっています。”

また、特にラグジュアリー分野では、ビットコインユーザーがより高価な商品を購入する傾向にあることも興味深い。”Uhrzeit.org “では、すべての支払い方法での平均的なショッピングカートが約320ユーロであるのに対し、ビットコインでは900ユーロとなっています。そのため、ユーロよりもかなり高額な時計が購入されています。特にビットコインの購入者に人気があるのは、オリス、シン、ミドー、モーリス・ラクロアの時計です。”

同時に、ビットコインユーザーは、コインで支払うときに細心の注意を払っているとGoran氏は報告しています。「興味深いのは、ビットコインで時計を販売するのは、ビットコインの価格が比較的高いときだけだということです。例えば、35,000円/BTC以下のレートでは、BTCで支払われた時計はほとんどありませんでした。5万ドル以上のビットコインを持っている人は、自分へのご褒美として時計を欲しがっているようです」。

もちろん、時計も投機的な資産であることに異論はないだろう。特に、ビットコインの価格が高いときには、多くのビットコイン保有者が、ビットコインの一部を時計などの別の投資対象に交換することがあります。しかし、オンラインでの取引では、ビットコインは依然として受け入れられており、需要の増加は、ビットコインでの支払いを希望する人が増えていることを示しています。ドイツのオンラインショップの普及は、今年も追い風になっているのかもしれません。

Related Posts

Leave a Comment