Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
クライアントがDAOの場合 - Today's Crypto News
Home » クライアントがDAOの場合

クライアントがDAOの場合

by Christian

ケルンのソフトウェア会社が、ある特別なクライアントを獲得しました。DAIドルを発行する分散型組織「メーカーDAO」。法的には存在しない組織で働くということは、どのようなことなのでしょうか。

実際、Sidestreamはごく普通の人です。共同設立者のダニエル・クレメロフは「伝統的なソフトウェア・エージェンシー」と言い、約20人の従業員が通常の伝統的な契約業務を行っています。ソフトウェア業界でやっているように。

社長のマックス・ホフマンをはじめとする従業員は、個人的にしか暗号を扱っていません。しかし、趣味と仕事を両立させ、同時にお金を稼ぐにはどうしたらいいかという疑問は、以前からあった。「ダニエルは、「DeFi(分散型金融)が特に面白いと思ったので、どうやって貢献できるかフォーラムで相談してみました」と話してくれました。


その過程で、彼らはMaker DAOに出会った。これは、最初の分散型安定コインであるDAIドルを発行する分散型自律組織であり、すべてのDeFiアプリの母体となるものです。しかし、厳密に言えば、Maker-DAOは当時、多くの人が考えているほど分散化されていなかった。

「これまでのメーカーは、基盤がかなり集中していました。ユーザーとそのインセンティブは分散化されていますが、多くのタスクは財団を経由しています」とマックスは語ります。「私たちが問い合わせたときには、財団のスキームを掘り下げてDAO化する作業を行っていました。その時、私たちにはチャンスがあると思いました」。

2021年7月、Makerの共同創業者であるRune Christensenは、MakerDAOが “完全に分散化された “と発表した。彼が代表を務めるMaker Foundationは、その目的を果たし、数ヶ月以内に正式に解散することになった。

財団は、エキサイティングなプロジェクトを成長させ、Makerプロトコルを開発する上で重要な役割を果たしました。しかし、それは一時的なものであり、「自律的に運営されるDAO」への架け橋となるものであることは当初から明らかでした。そして、これは現在作成中です。

その中心となるのが、DAOのサブユニットである「コア・ユニット」と呼ばれるものです。これらは、Maker Tokensの所有者が選挙を通じて、一定の予算で特定のタスクを遂行することを委託したものです。例えば、コミュニケーション、成長、開発、ユーザーエクスペリエンス、リスクアセスメント、戦略、レイヤー2などのコアユニットがあります。

「フォーラムで、新しいコアユニットのためのインキュベーションプログラムを見つけました。伝統的な企業やその他の利害関係者がDAOに貢献し、その一部となることを支援する体系的なプログラムです」とマックスは説明します。「私たちにとって非常に興味深いものでした」。

Sidestreamは応募して合格しました。「今回のテーマは比較的複雑です」とダニエルは説明を始める。”Maker DAO “の一つの側面は、ユーザーが安定コインを借りて、その代わりにEtherを担保として凍結させることです。さて、イーサの価格が適切な値を下回った場合、担保は清算されなければなりません。そして、オークションが行われます。これまでのところ、その周辺のソフトウェアはすべてコミュニティのボランティアによって開発・維持されています。ケルンのソフトウェア開発者は、将来的にこれを専門的に行うことになっている。ケルンの開発者が手がける他のプロジェクトと比較して、このプロジェクトは特に要求が高く、チャレンジングです。

しかし、それ以上に複雑なのは、官僚主義や組織化された仕事などの「しがらみ」です。DAOの契約者になるには?請求書の宛先は誰ですか?付加価値税を支払う必要があるのかないのか?注文したものを時間通りに履行できなかった場合、誰が訴えることができますか?譲渡によって生じた知的財産の法的所有者は誰になるのか?この後、DAOへの正式な組み込みはどのように進むのでしょうか。などと言っている。これらはすべて、通常の伝統的なビジネス関係では、実際の住所を持つ法人との契約によって対処される問題です。

「現在、私たちのコミッショニングは、スマートコントラクトやDAOを経由していません」とダニエルは報告する。「その代わりに、外部を取り込む権限を持つコアユニットがあります。予算があり、メンバーが投票して他のチームに資格を与える。これらの投票やそれにまつわるコミュニケーションは、すべてオフチェーンで行われます。一部はフォーラムで公開し、一部はメッセージ、メール、チャット、電話などで非公開にする。”


これは、SidestreamがどのようにしてDAOに請求書を書き込んでいるのか、法的な状況はどうなっているのかという疑問にも答えてくれるでしょう。SidestreamはDAOではなく、Core Unitと契約しています。”Core Unit “は、”Maker DAO “のプロトコルを通じて、一定の予算をトークンで受け取る。そして、それらを交換して、非常に伝統的な方法で、ユーロで支払うのです」。

しかし、すぐにそれは変わります。11月には、インキュベーションプログラムが終了します。サイドストリームはその後、メーカー改善提案を提出し、独自のコアユニになりました。Maker DAOのメンバーが同意すれば、12月からSidestreamはCore Uniからの委託ではなく、スマートコントラクト自体からの委託となります。つまり、Maker DAOによるものです。

ケルンのソフトウェア開発者には、プロトコルによって報酬が支払われます。だから実際にDAOを通じて、おそらく史上初のドイツ企業として。そこでも、通常の方法は銀行振り込みです。Maker TokensやDAIドルで支払いを受けることも可能でしょうが、支払い取引を担当するDAOのコアユニットがあります。このユニットは、毎月一定数のトークンを受け取り、例えばSidestreamなどのコワーカーに支払うために、ユーロに変えます。

また、コアユニットは半年に一度、ストックオプションのようなボーナスとしてメーカートークンを受け取る。その結果、長く滞在すればするほど、DAOのメンバーとしての重要性が増し、発言力も増していきます。

支払いはオフチェーンでは引き続き任意ですが、コミッショニングはオンチェーンで必須となります。まず、提案や事業体のパフォーマンスが公開の場で議論されます。そして、メーカーのトークン保有者は、自分のトークンを使って、オンチェーンで投票します。この投票により、約半年が経過した時点で、Sidestreamが継続して活動するかどうかが決まります。

“これはきちんとした複雑なものになると思う “とダニエルは期待を込めて言うが、”今のところはシンプルで、慣れたやり方だ。しかし、将来的には……コアユニット用のウォレットが必要になり、インセンティブとしてトークンを手に入れることになります。そのためには、普通の契約、おそらくは普通のお金が欲しいと思っている人たちと協力しています。その橋渡しをするのは、まことに難しいことです。

簡単なことではありませんが、「私たちにとっては、またとないチャンスでもあります」。結局、誰かが新境地を開拓し始めなければならないし、もしかしたらその道が契約関係につながるかもしれないし、今の想像以上に未来では普通のことになるかもしれない。

Related Posts

Leave a Comment