Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
ドイツの暗号企業に対する情報提供の厳格化 - Today's Crypto News
Home » ドイツの暗号企業に対する情報提供の厳格化

ドイツの暗号企業に対する情報提供の厳格化

by v

連邦財務省は、ドイツの暗号産業を条例でさらに規制しています。このようにドイツは、金融活動作業部会(FATF)の要望を、性急かつ過度に厳しい方法で実施しています。このように、業界はさらなるいじめを受けており、その効果は意図とは正反対のものになると思われます。

そうそう、ドイツの暗号会社は、次期首相のこの投稿がなくても喜んでいただろう。連邦財務大臣であるオラフ・ショルツ氏は、9月24日に新しい規則に署名しました。

正確には、「暗号資産の移転に関するデューデリジェンスの強化」に関する規制です。9月24日に可決され、1週間も経たない10月1日に施行されました。この条例により、連邦財務省は、この国にまだ存在する数少ない暗号サービスプロバイダーに嫌がらせを続け、新たなサービスプロバイダーの設立からドイツを予防的に保護しています。

Veordnungの犠牲者は、ドイツでビットコイン、暗号通貨、トークンを何らかの形で受託しているすべての企業です。つまり、ウォレット、カストディアン、マーケットプレイス、そしてデザインによっては、決済サービスプロバイダーでもあります。これらの企業は現在、マネーロンダリング法でいうところの「義務を負う企業」とみなされています。

ドイツではこのような会社はあまり多くありません。特筆すべきカストディアンは、基本的にBitcoin.de、Nuri(旧Bitwala)、シュトゥットガルト証券取引所またはその取引アプリBisonのみです。限られた範囲ではありますが、顧客がほとんどいないSatoshiPayや、TanganyやBankhaus von der Heydtのような、個人の顧客にはサービスを提供していないカストディアンも加えられます。また、Leondrino取引所やBitBucksウォレット、CPIウォレットなど、小規模な企業も含まれる可能性があります。

条例で規制されている範囲は非常に管理しやすいものです。今ではすでに、国内の産業界の従業員数よりも多くの人が、規制の作成、実施、監視に追われていると言っても過言ではないだろう。

When crypto custodians send to crypto custodians

Olaf Scholz省の最新のいたずらが何かの役に立つのであれば、ドイツに拠点を置くcrypto custodiansのリストは長くなるのではなく、短くなるでしょう。というのも、この条例は、業界が顧客に代わって暗号転送を行う際に、未達成の厳しい要件を課しているからです。

義務の性質と範囲は、2つの要素に左右されます。第1に、顧客が「暗号資産」を受信するか送信するか、第2に、送信者または宛先が自ら暗号サービスプロバイダーであるかどうか。つまり、4つのシナリオがあります。

まず、暗号会社はクライアントのコインを別の暗号会社のクライアントに送ります。例えば、お客様がBitcoin.deから他の取引所のお客様のアカウントにビットコインを送金したとします。この場合、同規則では、「送金規則の第4条および第6条に基づく支払者の決済サービス提供者の義務に関する規則が準用される」としている。

EUの送金規則によると、会社は名前、口座番号、「支払者の住所、公的な個人文書の番号、顧客番号または支払者の生年月日および出生地」を送信しなければなりません。また、受信者の名前と受信者の口座番号を送信する必要があります。アカウント番号とは、暗号会社のアカウントIDやウォレットのアドレスのようなものを意味すると思われます。

2つ目は、別の暗号会社が送信したトランザクションを、同社が顧客のために受け取ることです。例えば、お客様が他の取引所からBitcoin.deのお客様のアカウントにEtherを送信したとします。この場合、”送金規則の第7条、第8条および第9条に基づく受益者の支払サービス提供者の義務に関する規則が準用されます。”

これによると、受信側のcryptoサービスプロバイダは、送信側のサービスプロバイダが情報を完全に送信したかどうかを確認しなければならない。また、金額が1,000ユーロを超える場合は、「信頼できる独立した情報源からの文書、データまたは情報」を用いて、情報の正確性を確認しなければなりません。その場合にのみ、受取人に委託品を信用することができます。

また、サービス提供者は、情報の欠落やその他のリスク要因が発生した場合に支払いを拒否する「リスクベースの手順」を設定しなければなりません。さらに、データが不完全な場合は、その支払いが報告すべき疑わしい案件の引き金になっていることを示すものと考えるべきです。

Custodian to Private Citizen

これだけだとかなり厳しいですね。しかし、それは悲劇の第一幕に過ぎない。第2幕では、プライベートウォレットとの間で行われる取引について説明します。

3つ目は、企業が顧客に代わってトークンやコインを別の暗号企業に属するかどうかわからないアドレスに送信する場合、”転送に伴うマネーロンダリングやテロリストの資金調達目的での悪用のリスクを特定・評価し、リスクに応じた対策を講じなければならない “という点です。これは例えば、お客様が送金する際に受取人に関する広範な情報を提供し、それをオンチェーン分析や受取人への電話で確認することで実現できます。

プライベートウォレットや未知のウォレットからトランザクションを受け取った場合も、同様の義務が発生します。ここでも、受信者は送信者が誰であるかを示さなければならず、企業はオンチェーン分析や電話でこれを確認することができます。

レギュレーションでは、このようにまだ非常に曖昧な表現で規定されています。リスクに応じた措置とは、”マネーロンダリングやテロリストの資金調達に関連して特定された送金のリスクに対応し、送金のトレーサビリティを確保する措置 “のことです。このような取引を行うと、より厳しい監視義務が課せられ、それが満たされない場合には、マネーロンダリングの疑いがあると判断されます。

Hard nuts

新しいVeordnungにより、連邦財務省はドイツの暗号化カストディアンに難題を突きつけています。特に、他の暗号化事業者との取引における情報要件は、いくつかの問題を引き起こします。

まず、受け取ったウォレットが取引所のものであることを、暗号会社はどうやって知ることができるでしょうか?新しいアドレスであれば、これはブロックチェーンを介して調べることはできません。古いアドレスであれば、ブロックチェーン分析ツールの助けが必要です。

2つ目は、要求された情報を送信するための公式な通信チャネルが取引所間に存在しないことです。ドイツの会社は、すべての送信トランザクションに対してメールを送るべきでしょうか?また、受信するたびに、まずメールで問い合わせるべきでしょうか?仮にそのような通信手段があったとしても、1万ユーロ以上の支払いがあった場合、企業はどうやって情報が正しいかどうかを確認するのでしょうか?

実際、これらの義務は、ドイツ企業が世界の暗号市場から切り離されることを意味しています。世界中の取引所やウォレット・サービス・プロバイダーが、連邦財務省の要求に応えるために膨大な手間をかけることは想定されていません。

また、プライベートウォレットへの送金のための情報収集義務も問題となります。そのプロセスは自動化できるのか?ユーザーが何でもかんでもフォームに入力してしまうのを誰が防ぐのか?すべてをチェックするのにどれだけの労力が必要なのか。また、私的移転が疑いのあるケースのきっかけとなった場合、監督官庁には疑わしい活動報告が殺到するのでしょうか。

義務を負う当事者は、2021年11月30日までに管轄の監督官庁に義務を果たせない旨を通知することができ、12月31日までにこれを正当化しなければならない」。猶予期間は当初12ヶ月間適用され、合理的な理由がある場合にはさらに12ヶ月間延長することができます。”

Willingly at your service

公平に言えば、このルールは連邦財務省から生まれたものではないことに留意すべきである。後者は、欧州全体で望ましいとされている金融取引のルールを暗号通貨に適用するだけです。これは連邦財務省の考えでもなく、マネーロンダリング対策で世界で最も重要な機関である金融活動作業部会(FATF)の考えでもある。FATFはしばらく前に、将来的には「トラベル・ルール」を暗号化取引にも適用することを決定しました。そして、これこそが、連邦財務省がこの条例で実現しようとしていることなのです。

しかし、ドイツでは、業界やルールの実際の目的、監督官庁の能力やリソースを考慮することなく、規制の面で嵐のように進んでいます。民主的に正当化されているとは言えないFATFの意向を、何よりもまず、そして特に厳密に満たす必要はなかったでしょう。特に現在のように、インフレ率の上昇、進行中のコロナ問題、大規模なマネーロンダリングのスキャンダル、新政権の誕生など、政治や政権に継続的な試練が課せられている時期には無理でしょう。

その結果、ドイツの暗号企業はグローバルな競争に遅れをとるか、拠点を移すことになるでしょう。ドイツで暗号会社を経営するのは決して簡単ではありませんでした。ヴェオルトヌングはそれを多少なりとも不可能にしている。

今後、ドイツのビットコイン・暗号ユーザーが海外のサービスプロバイダーを利用した場合、消費者保護やマネーロンダリング対策に本当にメリットがあるのか?あるいは、おそらく同じくらいの確率で、彼らがDeFiやその他の分散型ソリューションにどんどん切り替えて、もはやカストディアンがいなくなってしまったら?

握りすぎた手は何も掴めない、と中国の賢者は言います。あるいは、こんな風に。

Related Posts

Leave a Comment