Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
何兆ドルもの株式が「クリーピング」している暗号リスクにさらされている。MSCIリサーチ - Today's Crypto News
Home » 何兆ドルもの株式が「クリーピング」している暗号リスクにさらされている。MSCIリサーチ

何兆ドルもの株式が「クリーピング」している暗号リスクにさらされている。MSCIリサーチ

by v

MSCI ESGの最新リサーチによると、少なくとも52の公開企業が暗号通貨への「クリーピング」エクスポージャーを経験している可能性があるという。

投資家が暗号通貨に触れる機会が増えるにつれ、デジタル資産に関連するリスクがポートフォリオに「忍び寄る」可能性が高いと、株式インデックスを世界的に提供するMSCI Inc.が最新の調査で警告しています。

ブルームバーグの報道によると、MSCI ESGリサーチの対象企業の時価総額は合計で7.1兆ドルに達しています。

その中には、デジタル資産取引所「Coinbase」など、暗号取引活動に直接関与する企業や、バランスシートにビットコインを計上している企業が含まれています。後者には、ビジネスインテリジェンスサービスを提供するMicrostrategyや電気自動車メーカーのTeslaなどが含まれます。

他にも、チップメーカーのエヌビディアや投資銀行のJPモルガンなどが挙げられます。JPモルガンは今年初めに、コインベースと米国を拠点とする別の暗号取引所であるジェミニの銀行口座を承認しました。

「ほとんどの暗号通貨は投機的な投資であり、実用性はほとんど明らかになっていませんが、中には本物の通貨として限定的な成功を収めているものもあり、目を見張るようなリターンを上げているものも少なくありません」とMSCIはブログで述べています。

調査によると、このような成長は、暗号通貨にエクスポージャーを持つ企業の増加と、既存の企業がそのようなエクスポージャーを得ようとする努力の両方に寄与しています。

従来のインデックスが暗号エクスポージャーを開発するのは、新たに上場した暗号通貨企業が追加される場合と、投資家が株式を保有している企業がビットコインやその他の暗号通貨を含む戦略を発表する場合のいずれかであるとMSCIは述べています.

暗号の専門知識の欠如

暗号通貨への露出が増えることは、環境・社会・ガバナンス(ESG)問題から会計やセキュリティ面まで、企業にとって新たな課題を意味します。

MSCIのHarlan Tufford氏は、ポッドキャストで次のように述べています。「一見すると簡単そうに見える質問でも、暗号に関しては “本当に厄介 “になることがあります。

「例えば、10億ドルのビットコインを保管している匿名のプライベートウォレットにアクセスするためのパスキーを社内の誰が知っているのか?そして、それをどうやって監視するのか」とタフォード氏は問いかけました。

Cレベルの幹部に暗号の専門知識がないことも、企業にとっての課題となっています。

MSCIが検索した企業役員の経歴約6,500件のうち、暗号やブロックチェーンへの言及があったのは64社の79人だけで、サイバーセキュリティの専門知識への言及は1,114人とやや多い。

暗号通貨に特化した高度なスキルや経験を持つ人材は希少である可能性が高い」とレポートは結論づけています。

Related Posts

Leave a Comment