Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
イーサリアム、5月以来初めて4,000ドルを奪還 - Today's Crypto News
Home » イーサリアム、5月以来初めて4,000ドルを奪還

イーサリアム、5月以来初めて4,000ドルを奪還

by v

イーサリアムは、暗号市場が急騰する中、5ヶ月ぶりに4,000ドルの大台を回復しました。

時価総額で世界第2位の暗号通貨であるイーサリアムは、5月14日以来、初めて4,000ドルに達しました。現在の価格は4,000ドルを超えたところで、この1週間で4%の上昇となっています。

今回の強気の動きは、ノンファンジブル・トークン(NFT)やDeFiプロトコル、米国初のビットコイン先物ETFに再風を吹き込んだ結果です。

時価総額で最大の暗号通貨であるビットコインは、今週初めに初のビットコイン先物上場投信であるProSharesが取引を開始し、投資家がビットコインを直接購入せずにエクスポージャーを得られるようになったことで、過去24時間で3.7%上昇し、65,000ドルを超える史上最高値を記録しました。

このニュースは、より広い暗号通貨市場を後押しし、すべての暗号通貨の時価総額は2.6兆ドルを超えて過去最高となりました。

今日、イーサリアムの価格は、ビットコインが史上最高値の64,804ドルを記録したのと同時期の5月以来の最高値を記録しました。

史上最高値に到達するまで、イーサリアムの価格は1ヶ月以内に2倍になりましたが、価格は急上昇したのと同じくらい早く急落しました。5月23日には、イーサリアムは2,110ドルまで下がってしまいました。その後、イーサリアムは2,000ドルと3,000ドルの間を数ヶ月間行き来し、8月上旬にようやく3,000ドルを突破しました。

NFTと分散型金融(DeFi)の両方の人気が高まったことで、イーサリアムは市場での優位性を取り戻すことができました。イーサリアムは、スマートコントラクト(自己実行型コード)を利用した最初のブロックチェーンであり、最も人気のあるブロックチェーンです。

スマートコントラクトを通じて、銀行のような中央集権的な機関の必要性を回避する豊富な分散型金融アプリがイーサリアムの上に構築されています。DeFi Pulseによると、2021年に入ってから、DeFiアプリにロックされた総価値(TVL)は急速に増加しており、10月に入ってからの急増で、TVLは過去最高の990億ドルに近づいています。

EthereumベースのNFTは、デジタルコンテンツの所有権を証明するために使用できる、暗号化されたユニークなトークンで、アーティストやクリエイターに特に人気があります。オークションハウスのSotheby’sが独自のMetaverseマーケットプレイスを立ち上げたり、CoinbaseのNFTプラットフォームに140万人のユーザーが登録したりと、大手企業も注目し始めています。ここ数カ月、NFTは社会的な側面も持ち合わせており、CryptoPunksやBored Ape Yacht Clubなどのコレクションが、NFTを中心とした新しいコミュニティの核となっています。先月、サザビーズはBored Ape Yacht Clubという猿のプロフィール写真のNFTを集めたコレクションをオークションにかけ、2400万ドルという高額で落札しました。

disclaimer
筆者が表明した見解や意見は、情報提供のみを目的としており、金融、投資、その他のアドバイスを行うものではありません。

Related Posts

Leave a Comment