Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
Helium Taps Dish Network for Crypto-Powered 5G Rollout - Today's Crypto News
Home » Helium Taps Dish Network for Crypto-Powered 5G Rollout

Helium Taps Dish Network for Crypto-Powered 5G Rollout

by Patricia

Dish Networkの顧客は、5Gノードを展開し、分散型ネットワークを拡大することで、HNTトークンの報酬を得ることができます

In brief

  • 分散型無線ネットワークに特化した暗号化スタートアップのHeliumは、Dish Networkと提携して5Gネットワークを構築します。
  • Dishの顧客は、5Gノードを導入して接続性を共有し、Heliumのネットワーク経由で暗号トークンの報酬を得ることができます。

CryptoスタートアップのHeliumは、ユーザーが運営するワイヤレスネットワークがトークン報酬で起動できることを示し、そのオリジナルのモノのインターネット(IoT)ネットワークは現在25万以上のアクティブノードを誇っています。今回、FreedomFi社との提携により、5G接続でも同様のことを行うことを目指しており、モバイルサービスやテレビを提供するディッシュ・ネットワーク社も協力しています。

本日、ディッシュ・ネットワークはHeliumとの契約を発表し、ディッシュのワイヤレス顧客がHeliumノードを稼働させることで5Gワイヤレスサービスを共有し、その見返りとしてネットワークのHNTリワードトークンを獲得できるようになりました。

「ディッシュは、ブロックチェーンがワイヤレス業界にもたらす可能性を理解しており、The People’s Networkに参加した最初の大手キャリアとして、今回のパートナーシップは、HNTインセンティブモデルがインフラを大規模に展開するための強力なツールであることを実証するものです」とHeliumのCOOであるFrank MongはDecryptに語っています。

「DishとFreedomFiとともに、Helium 5Gは、ネットワークインセンティブのフライホイールとそれが可能にするアプリケーションから顧客が利益を得ることができる、より広範なリーチを持つことになります」

Heliumの最初のLongFiネットワークは、センサーやトラッカーなどのIoTデバイスに電力を供給するためだけに設計されており、前述のように、現在、25万以上のユーザーが運用するノードが世界中に配備されています。同社によると、さらに50万台のノードがバックオーダーされているとのことで、今後も大きなスケールアップが見込まれています。

このネットワークは、スマートフォン、タブレット、ラップトップなどのデバイスを扱うようには設計されていませんでしたが、FreedomFi社との提携による新しい5Gネットワークでは扱うことができます。同様に、新しい5Gノードを展開し、サービスの分散ネットワークをまとめて構築したユーザーは、HNT暗号トークンを獲得し、これを取引所で他の暗号通貨に交換することができる。

モンはDecryptに対し、FreedomFiが現在、Heliumのネットワークに対応した5Gワイヤレスノードの最初のバッチを出荷しており、需要に応じて2022年末までに4万台ものノードが配備される可能性があると予測している。他のハードウェアメーカーも5Gノードの開発に取り組んでおり、その計画は今後数ヶ月のうちに発表される予定です。

HNTは2021年の間に価格が劇的に上昇しており、CoinGeckoによると1コイン1.36ドルで年を越し、8月には26.43ドルの史上最高値を記録しました。現在、この記事を書いている時点では、1コインあたり21ドル以上の価値があります。

Heliumは、8月に大手VCのAndreessen Horowitzが主導する1億1100万ドルの資金調達ラウンドを発表し、分散型ネットワーク計画をさらに拡大することを発表しました。9月、Heliumはカリフォルニア州サンノゼ市とのパートナーシップを明らかにし、ボランティアで運営されるLongFiノードによって集められた資金を介して、低所得世帯のインターネットアクセスに資金を提供するパイロットプログラムを開始しました。

編集部注:この記事は公開後に更新され、ディッシュの担当者によると、ディッシュ・ネットワークはフリーダムファイと直接契約したのではなく、ヘリウムと契約を結んだとのことです。

Related Posts

Leave a Comment