Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
DeFiが北米を世界第2位の暗号市場に押し上げる - Today's Crypto News
Home » DeFiが北米を世界第2位の暗号市場に押し上げる

DeFiが北米を世界第2位の暗号市場に押し上げる

by Christian

中国は今年の取り締まりの前に、世界の暗号市場での地位を失い始めていた。

分散型金融(DeFi)の成長により、北米が世界第2位の規模の暗号市場になったと、暗号インテリジェンス企業Chainalysisの新しい調査で発表されました。

  • 北米のアドレスは2020年7月から2021年6月の間に7500億ドルの暗号を受け取っており、これは世界の取引の18.4%にあたります。中央、北、西ヨーロッパでは同期間に1兆ドルを受け取り、世界の取引量の25%を占めたことがChainalysisの「2021 Geography of Cryptocurrency Report」で明らかになりました。
  • “” src=”https://cdn.todayscrypto.news/wp-content/uploads/2021/10/6SV6YXMHMRHCZFYAUDX24PNT5A.webp” /☻

    • 北米の月間取引量は、2020年7月からこの5月までの間に144億ドルから1640億ドルへと1,000%以上も増加しました。
    • Chainalysisは、2020年7月からこの6月までの間に、北米での総取引量の37%を占めたDeFiに成長の要因があるとしています。同期間における同地域のトップの取引所は、分散型の取引プラットフォームであるUniswapで、中央集権型の取引所であるCoinbaseと分散型のdYdXが続いています。
    • 地域最大の市場である米国は、DeFiの「草の根的な普及」を測定するChainalysisのDeFi Adoption Indexでトップになりました。
      北米と東アジアでは、5月の総取引量がわずかに減少しました。東アジアでの活動の減少は、5月の国務院の布告から始まった北京の暗号に対する取り締まりが原因と考えられます。中国は歴史的に世界最大のビットコイン採掘国であり、暗号取引の主要なハブでもあります。
    • East Asia has long lost its edge
      • 世界の暗号取引量に占める東アジアのシェアは、今年の中国当局による業界への取り締まりのずっと前、2020年4月に低下し始めたことがChainalysisの調査で明らかになりました。
      • 2019年4月から、2020年6月まで、東アジアが世界の暗号取引量の大半を占めていましたが、中央、北、西ヨーロッパ、そして北米に追い抜かれたとのことです。
      • 2020年7月から今年6月までの間、中国はこれらの取引の47%を占めていたと、ChainalysisのエコノミストであるEthan McMahon氏はCoinDeskのメールインタビューに答えています。
      • 2020年4月に世界の暗号取引における東アジアのシェアが低下したことについて質問されたマクマホン氏は、「中国はしばらくの間、独自のソリューションを優先して完全な暗号禁止に向けて動いていた」と述べ、同月に中国が独自の中央銀行デジタル通貨のテストを開始したと付け加えました。
      • 2020年7月から2021年6月にかけて、Chainalysis Global Crypto Adoption Indexでは、東アジアの国々もいくつか順位を落としており、中国は4位から13位、韓国は17位から40位、香港は23位から39位、日本は71位から80位に落ちています。
      • DeFiは東アジアでも台頭しています。調査によると、Huobiはこの地域で最も人気のある取引所で、分散型取引所のdYdXとUniswapがそれに続いています。
      • 香港はこの地域で最もDeFiを採用しており、取引の55%を占めています。次いで中国49%、日本32%、韓国15%となっています。
      • Mining
        • 中国の国務院が5月に暗号採掘の取り締まりを呼びかけて以来、中国の採掘業者は北米、中央アジア、南米を中心に施設を海外に移転しています。
        • 5月から6月にかけて、Binanceではマイニングプールから受け取ったビットコインの減少額が最も大きく、2億ドルを超えたとChainalysisは述べています。Huobiは2番目に大きな純減で、1億5千万ドル強、FTXは約1億ドルと続いています。
        • この失われた流動性は、5月以降の地域での活動の全体的な減少の原因にもなっているかもしれないと、情報会社は述べています。
        • ケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンスの調査によると、世界のマイニング・ハッシュレートにおける北米のシェアは、4月末から8月にかけて2倍以上になっています。同センターによると、8月までに中国のハッシュレートは事実上ゼロになったとのことです。
        • 中国に拠点を置いていないマイニングプールでは、2021年1月から7月の間に収益が2倍以上になったとChainalysisは述べています。中国に拠点を置くものは、収益が50%減少したとのことです。

Related Posts

Leave a Comment