Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
米政府、30万ドル相当のビットコインをオークションに出品 - Today's Crypto News
Home » 米政府、30万ドル相当のビットコインをオークションに出品

米政府、30万ドル相当のビットコインをオークションに出品

by v

米一般サービス局(GSA)は現在、約29万ドル相当の4.92ビットコインのオンラインオークションを開催している。

米国政府は今週、30万ドル弱相当のビットコインをオークションにかけています。

General Services Administration(GSA)は現在、現在のビットコイン価格で約29万ドルの価値がある4.92BTCのオンラインオークションを開催しています。オークションは5つのロットに分かれており、入札は10月28日午後5時(米国東部時間)に終了する予定です。最小ロットの0.44BTCは26,000ドル弱の価値があり、最大ロットの1.5BTCは現在の価格で88,400ドル程度の価値があります。

記者発表の時点では、最高額の入札はビットコインの価格よりもわずかに割引されており、現在すべての落札額は283,630ドルとなっています。

米国政府のビットコインオークション

米国政府によるビットコインのオークションは今回が初めてではなく、今年の3月と4月にGSAがビットコインのオークションを開催しています。

前者では、0.75BTCの1ロットが53,104ドルで購入され、当時のビットコイン価格に21%のプレミアムがついた。後者では、9.45BTCに相当する11ロットが、大幅な割引で、487,000ドルで販売されました。当時のビットコイン価格であれば、公開市場では52万ドルの値がつくはずです。

米国政府も過去に何度か大口売却を行っており、2020年2月には、連邦の刑事・民事・行政事件で没収された4,000BTC(当時の価値は3,700万ドル)を売却しています


おそらく最も記憶に残るこのようなオークションは、2014年にダークウェブマーケットプレイス「Silk Road」から押収した3万BTC(当時1900万ドル相当)が米国連邦保安官によって売りに出され、ベンチャーキャピタルのティム・ドレイパー氏が非公開の価格でビットコインをすくい上げたものです。現在の価格に換算すると、ドレイパーが手にしたものは17億ドル以上の価値がある。

実際、米国政府は長年にわたり、価値が上昇したビットコインを競売にかけることで数十億ドルの損失を出してきました。

Related Posts

Leave a Comment