Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
ビットコインマイニング企業Stronghold Digitalが1億ドルのIPOを目指す - Today's Crypto News
Home » ビットコインマイニング企業Stronghold Digitalが1億ドルのIPOを目指す

ビットコインマイニング企業Stronghold Digitalが1億ドルのIPOを目指す

by Thomas

石炭廃棄物を利用したビットコインマイニング企業Stronghold Digitalが数百万ドル規模のIPOを視野に入れている。

In brief

  • Stronghold Digitalは最大1億400万ドルのIPOを目指しています。
  • 同社は、ビットコインの採掘に廃炭を利用しています。

米証券取引委員会(SEC)に提出した書類によると、ビットコインマイニング企業のStronghold Digitalは、9400万ドルから1億400万ドル相当の新規株式公開(IPO)を視野に入れているという。

提出書類によると、Stronghold社は、ナスダックに「SDIG」というティッカーで上場しているクラスA普通株式5,882,352株を、1株あたり16.00ドルから18.00ドルの間で新規公開します。

同社のIPOによる純収入は、1株あたりの価格を17ドルと仮定して、約8,960万ドルとなります。

Stronghold IPO

Stronghold社のSEC提出書類には、同社の今後のロードマップが記されています。

提出時点でStronghold社は、約3,000台の「暗号資産採掘用コンピュータ」、すなわち「マイナー」を運用しています。また、同社は3社のサプライヤーとの間で、追加で26,150台のマイナーを購入する契約を締結しており、そのうち72%は今年中に納入される予定です。

さらに21%のマイナーは2022年の第1四半期に納入される予定で、残りの6%は来年の「残りの期間」に納入される予定です。

Stronghold社はまた、今回の募集で得た資金の一部で、約55,800台の鉱夫を追加調達する意向であると述べています。


SEC提出書類の中で、Stronghold社はペンシルバニア州スクラブグラスにある採掘施設を「環境に優しい石炭廃棄物発電所」と表現していますが、廃棄石炭が環境に与える影響については相反する証拠があります。

廃墟の石炭とビットコイン

ビットコインの採掘には膨大な量の電力が必要で、その量は世界のほとんどの国を上回ることもあります。

その結果、ビットコインの採掘は環境への影響が問題視され、炭素を大量に消費する化石燃料を使った採掘が批判されています。

廃炭とは、従来の石炭採掘の際に発生する廃棄物のことで、石炭残渣とも呼ばれています。

ストロングホールド・デジタル社のCEOであるグレッグ・ビアード氏は、同社の環境戦略により、ビットコインの採掘を可能にすると同時に、”環境への変革的な貢献 “を行っていると述べています。

また、Stronghold Digital社の共同会長であるビル・スペンス氏は、同社が「21世紀の暗号採掘技術を用いて、米国で最も環境が無視されている地域で、19世紀または20世紀の石炭採掘の影響を修復する」と述べています。

また、以前Decrypt社と共有したWestern Pennsylvania Coalition for Abandoned Mine Reclamationのプレゼンテーションによると、石炭のごみは “先進的な技術により経済的に焼却できるようになった “とのことです。

しかし、燃焼効率が上がったからといって、必ずしも環境に良い影響を与えるとは限りません。エネルギー・ジャスティス・ネットワークによると、100トンの石炭廃棄物を燃やすごとに85トンの有毒な廃灰が発生しています。

Related Posts

Leave a Comment