Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
タングステンキューブNFTがソラナで販売され、コインセンターに$100Kを寄付 - Today's Crypto News
Home » タングステンキューブNFTがソラナで販売され、コインセンターに$100Kを寄付

タングステンキューブNFTがソラナで販売され、コインセンターに$100Kを寄付

by Patricia

各タングステンキューブNFTには、物理的なタングステンキューブが裏付けられているとされている

In brief

  • Tungsten cubes aren’t just a crypto meme anymore.
  • 人気のNFTです。

1週間前、Crypto Twitterがビットコイン先物ETFの着地と価格記録の下落を待っていた頃、ビットコイナーの間では、電球のフィラメントや紙の重りに使われる高密度の金属であるタングステンの立方体が話題になり、金属のサプライヤーが売り切れになる事態が発生しました。

タングステンNFTが飛ぶように売れているように、不足しているのは実際のタングステンだけではありません。その恩恵を受けているのは、タングステン愛好家だけでなく、コインセンターです。キューブの動くデジタル画像を販売して484SOL(現在9万6000ドル相当)を獲得したタングステンキューブNFTは、最初の取引日のロイヤリティを暗号シンクタンクに寄付すると発表した。

暗号シンクタンクのコミュニケーション責任者であるNeeraj Agrawalは、Decryptに寄付金を受け取ったことを確認しました。同氏によると、これはCoin Centerがこれまでに受け取った寄付の中で最も奇妙なものかもしれないという。「タングステンキューブを暗号のミームにした経緯を説明しなければなりません。”このようなことに注意を払わない人には意味がありません。”

最近Twitterにログインしていない人のために説明すると、タングステンキューブの存在を面白がっていたCoin Metrics社のNic Carter氏のアイドル的なツイートをきっかけに、キューブはミームとなった。

「彼は、タングステンキューブの存在を面白がっていたCoin Metrics社のNick Carter氏が何気なくツイートしたことがきっかけで、ミームとなった。「すべてのレビューは、『うん、重い。

この発言をきっかけに、複数のクリプト関係者がAmazonでこの商品を購入し、サプライヤーであるMidwest Tungsten社は数時間で完売してしまいました。さらに多くの暗号保有者がキューブの実用性について冗談を言い始めると、それがミームとなり、その後すぐに実際のNFTの描写へと変化していきました。

その後、Midwest Tungsten社はビットコインの販売を開始し、この冗談に参加した。10月19日にビットコインでの支払いが開始されて以来、タングステンキューブの売り上げの20%がビットコインでの支払いとなっています。

さらに、Midwest Tungstenは物理的なキューブを裏付けとした独自のNFTを作成し、OpenSeaでオークションを行っています。最高額の入札者は、デジタル資産を受け取り、”1年に1回、キューブを見たり、写真を撮ったり、触ったりすることができる “とされています。NFTが破壊された場合は、Midwest Tungsten社が物理的なキューブを所有者に発送します。記事掲載時点での最高入札額は、5ラップETH(約2万円相当)です。

Tungsten Cube NFTは、少なくとも暗号擁護団体に代わって流行に乗じて現金化しようとしており、NFTの二次転売によるロイヤルティをすべて受け取ることになるという。

NFT自体は供給者ではないが、11月初旬にはNFTを物理的なキューブと交換できるようにすることを約束している(米国内は送料無料)。ソラナ社が運営するマーケットプレイス「Magic Eden」とFTX取引所のオークションには、1インチキューブが399個、2インチキューブが80個、4インチキューブが20個、そして巨大な7インチキューブが1個出品されていました。

「私たちは、タングステンが好きです。「それは素晴らしい金属です。タングステンキューブを使って暗号化政策の取り組みをサポートすることは理にかなっています」

disclaimer
筆者が表明した見解や意見は、情報提供のみを目的としており、金融、投資、その他のアドバイスを行うものではありません。

Related Posts

Leave a Comment