Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
コロラド州の住民は暗号通貨で税金を支払うことができるようになりました。 - Today's Crypto News
Home » コロラド州の住民は暗号通貨で税金を支払うことができるようになりました。

コロラド州の住民は暗号通貨で税金を支払うことができるようになりました。

by Michael

今週から、コロラド州の住民はPayPalを通じて暗号通貨で税金を支払うことができるようになった。これにより、コロラド州は米国で初めてこの決済方法を採用した州となりました。知事によると、このような方向性の施策が他にも期待されているとのことです。

コロラド州で税金を納める暗号通貨


今週から、アメリカ・コロラド州の住民は暗号通貨を使って税金を支払うことができるようになりました。同州のウェブサイトにある決済専用ポータルによると、この決済方法を利用するには、関係者は専らPayPalを利用する必要があるとのことです。

当面の間、この新しい可能性は個人にのみ開かれ、固定料金の1ドルと支払総額に対する1.83%の手数料がかかります。

コロラド州の決済ポータルによると、暗号通貨での納税を希望する個人は、単一の暗号通貨を使用して納付額を支払う必要があるとのことです。

なお、暗号通貨は受取機関がそのまま保管するのではなく、直接ドルに変換する役割を担っています。

この決定により、すでに2月に民主党のジャレッド・ポリス知事が実施を発表していましたが、コロラド州は、納税者の支払い手段として暗号通貨を受け入れる米国初の州となります。

同声明でポリスは、これは暗号通貨の普及に向けた第一歩に過ぎないと述べている。実際、同議員は運転免許や狩猟免許もこの種の資産で取得できるようにしたいと述べている

コロラド州、将来の暗号の首都になる

知事のおかげで、コロラド州は暗号通貨のよりグローバルな導入に乗り出す可能性があります。実際、Jared Polis氏も選挙期間中にNFT(non-fungible tokens)に興味を示していた。

NFTは、独自のプロパティを持ち、ブロックチェーン上で流通する交換不可能なトークンです。もっと詳しく知りたい方は、解説ページを書いていますので、そちらをご覧ください。

Jared Polis氏は、寄付者への感謝の気持ちを込めて、50ドル強で購入できるNFTシリーズを発売していた。Flowブロックチェーン上に展開されたこれらのNFTには、特定のイベントへのアクセス権が含まれていました。

また、ジャレッド・ポリスは2016年に共和党のミック・マルバニーとともに、ブロックチェーン技術を研究し、その採用を促進するために米国議員で構成される委員会「Congressional Blockchain Caucus」を共同設立していることにも注目しましょう。

暗号通貨による決済を目指す米国の州は、コロラド州が初めてではありません。オハイオ州では2018年に試行したことが目立っていたが、1年後に法的な複雑さを理由に断念していた。

イリノイ州、アリゾナ州、ジョージア州など他の州でも、暗号通貨での納税を受け入れるという案が検討されています

Related Posts

Leave a Comment