Deprecated: The $control_id argument is deprecated since version 3.5.0! in /var/www/todayscrypto.news/wp-content/plugins/elementor/modules/dev-tools/deprecation.php on line 304
カルダノ(ADA)の平均取引手数料が過去1年間で1,500%上昇している理由はこちら - Today's Crypto News
Home » カルダノ(ADA)の平均取引手数料が過去1年間で1,500%上昇している理由はこちら

カルダノ(ADA)の平均取引手数料が過去1年間で1,500%上昇している理由はこちら

by Christian

IOHKはカルダノの手数料上昇問題をどのように解決しようとしているのでしょうか?

Messariのデータによると、1年間でカルダノネットワークの平均取引手数料は0.03ドルから0.47ドルに上昇しており、これは1,466%の上昇に相当します。


取引手数料は、ADAでは主に固定または一定のレートで計算されます。そのため、ADAの価格が上昇すれば、ドルベースの取引手数料も上昇することが予想されます。

しかし、今後dAppエコシステムの充実に伴って予想されるADA価格の上昇があった場合、Cardanoでの取引が割高になってしまうことが大きな懸念材料となります。

取引手数料はどのように計算されるのか?

カルダノで取引が成立するためには、ユーザーは最低限の手数料を支払う必要があります。これは、ステークプールオペレーター(SPO)がネットワークを維持するためのインセンティブとなります。また、攻撃者がダミーの取引でネットワークをスパムする分散型サービス拒否(DDoS)攻撃を高額にすることで、ネットワークの安全性を高めています。

ミニマムフィーは、a+b×サイズという計算式で算出されます。ここで、”a “は0.155381 ADA、”b “は0.000043946 ADA/Byte、”size “は取引のサイズ(Byte)です。

IOHKでは、典型的な200Byteの取引を計算すると、0.1641802ADA、今日の価格で0.3497ドルの最小手数料となります。

0.155381 ADA + 0.000043946 ADA/Byte × 200 Byte = 0.1641702 ADA

「a」「b」を導き出すにあたり、IOHKは、メモリコストや1秒あたりの平均トランザクション数など、複数の要素を考慮して最小値を導き出したという。そうすることで、DDoS攻撃を防ぐという目的を達成しつつ、SPOの労力やランニングコストを十分に補うことができるのだという。

“How expensive is one byte of computer memory?”

How many transactions will be at average per second?

1つのトランザクションは平均してどのくらいの規模になるのでしょうか?

フルノードの運用コストは?”

つまり、IOHKは、ネットワークの安全性と効率性を考慮し、最小のみなしコストを実現するために、微妙なバランスで料金システムを設定しているのです。

カルダノに経済的な拡張性はあるのか

上記のパラメータは4年以上前に設定されたものです。当時のADAの価格は、0.02ドル程度でした。しかし、その後のADA価格の高騰により、取引手数料が大幅に上昇しました。

現在の平均取引手数料0.47ドルは、多くのユーザーにとって納得のいくものかもしれない。しかし、ADAの価格が10ドルになったらどうなるだろうか。さらに言えば、後進国のユーザーが他に流れてしまうのではないか?

しかし、IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソンは、これを問題視していません。最近のAMAで、ホスキンソンはこの問題を取り上げ、VoltaireとCatalystのおかげで、トークン保有者は時期が来れば手数料を下げる提案に投票することができると述べています。

このように、スケーラブルな手数料はやや間接的に組み込まれており、これは短期的な問題に過ぎません。

Related Posts

Leave a Comment